日本のMinecraftマルチに未来がないと思う理由

日本のMinecraftマルチに未来がないと思う理由

多くの方から指摘があったのですが、確かに私これ書く時に会社が運用しているサーバと個人が運用しているサーバというわけのわからない比較をしていました。

いつか書き直しをするので、会社運用ではないと思われるMinecraft Centralを比較対象にして見てもらえれば幸いです。

ちょこちょこ私のTwitterの方で「日本のMinecraftマルチに未来はない!」という雰囲気を出しているのですが、あまりにもツイートだと文字数が少なく説明しきれないのでこちらでまとめさせていただきます。

事前に行っておきますが、日本でMinecraftマルチプレイサーバを運営している方々を批判したいわけではないですし、運営をしっかりなさっている方々一人一人を尊敬しているつもりです。

結構、適当に出まかせで物事言うような人なので、ごちゃごちゃしているともいます。こういうの見るの無理な人は、見ないことをおすすめしちゃいます。

プレイヤー数の多いマルチプレイサーバ

さて、現在のMinecraftマルチプレイですが、海外だと下記のようなサーバが多くの人がプレイしていますね。

上記のサーバは私が思う昔からずっと生き残っているサーバの一部です。他にもたくさんあります。

次に日本のサーバだとどこが多くの人がプレイしているでしょうか。

上位3サーバだとこんなところでしょうか。

具体的なプレイヤー数

じゃあ、プレイヤー人数を具体的に見ていきましょう。

このプレイヤー人数は私が見た感じ大体こんなもんかなっていうかなり適当な値です。

ではまず海外のサーバから

Mineplex

大体2000人から4000人程度

執筆時に調べた感じ最大7000人ぐらい(私の記憶だと20000人ぐらいまで人数言ったことあると思う)

Hypixel Network

大体30000人程度

最高で50000人とかぐらいまで上がる(記憶正しければもっと上の100000手前まで行ったことある)

Minecraft Central

ほぼ2000人程度まで毎日上がっている

次に日本のサーバに行ってみましょう。

Kaede Zombie Escape

毎日コアタイムに100人超えるあたりまで行く

ギガンティック☆整地鯖

毎日コアタイムに100人程度まで行く

IWA RPG

毎日コアタイムに150人程度まで行く

書いてて思ったのですが、日本って固定ユーザが多いので代わり映えしないですね。

何故、日本のサーバ面白いのに海外ほど人数増えないのか

結構単純なところに答えあると思っています。

それで結局問題って何さという話なのですが、下記に羅列していきます。

  • 英語ではなく日本語ベース(というより日本ユーザを見て作っている)
  • 金銭的な面の運営側の負担
  • 日本()

じゃあ一個一個取り上げていきましょう。

英語ではなく日本語ベース(というより日本ユーザを見て作っている)

これ利点じゃね?と思いますが、メリット得られるの日本人だけで世界的に見るとメリットどころかデメリットです。

ただ、日本ユーザがいないと話しにならないのも事実なので、まあしょうがない問題なのかななんても思えます。

金銭的な面の運営側の負担

これが一番大きいんじゃないかなんて思っています。

まず、海外じゃ課金制度のあるMinecraftマルチプレイサーバなんて珍しくないですし、普通にあります。

日本に見たことありますか?少なからずありますが、ほとんど寄付です。

そりゃ、運営者も投げ出したくなりますよね!

じゃあ、課金制度入れればいいじゃんなんて思いますが、EULAを理解していない人が「EULA違反だ!」なんて叫び、白い目で見られる。

無論、違反しているサーバは違反しているのに変わりないので声大にして言っていいです。

EULAとは

すごい簡単に言うと、ソフトウェアを利用する上での約束事です。

MINECRAFT エンド ユーザー ライセンス条項

無償でやるのはいいのですが、もしも今後も日本のMinecraftマルチサーバを発展させていくなら金を取る方法を考えなくてはいけないのです。そうじゃないと作る側のMinecraftの情熱が切れた時点で終わります。

そして、その課金制度について、利用する側も理解しなくてはいけませんし、無償であっても善意で運用されてるのを理解するべきです。

日本()

「金銭的な面の運営側の負担」ともかぶるのですが、やけに日本だと「パクリだめ!」「お金取るの一切ダメ!」みたいな風潮がある気がするんですよ。

パクリに関しては、賛否両論あると思いますが、他のサーバの良いシステムを真似して自分のサーバに組み込む事の何が悪いのでしょうか。

そりゃ、何から何までまるっきり同じだとおかしな話ですが、システムの利点を頂き自分のサーバで自分なりの良いものに作り変える分には問題ないと思います。

もしこれだめなら、日本にあるミニゲーム系サーバ半分以上死にますよ。だって、海外のサーバのパクリだもん。

後、少し前から話題になっているサーバリスト関連のことなのですが、海外の公開されているスクリプトの利用は悪くないですし、それを改良したりデザインを自分っぽいのに書き換えて公開しても問題ないのではないでしょうか。同じようなデザインのサイトが増えようが、1つや2つのサーバリストがない状況よりはマシですし、何より新しく立ち上がったところでそれを利用するかどうかはユーザの自由です。利用しないならしないで、文句も言わないでいきましょう。

今後日本のマルチプレイサーバを発展させていくにはどうすればいいか

とりあえず、当面の問題は課金制度を多くの日本ユーザが理解してどのサーバでも導入できるよ!という風潮を作ること。そのうえで導入するかしないかは各サーバオーナの判断次第だと思います。

そして、とりあえず新しいものに敏感すぎる風潮なんとかすればいいと思います。とりあえず新しいのでたら様子見る。そのうえで意見を明確にした批判なり意見なりを書けばいいと思います。

 

後はユーザ一人一人が運営側を理解するようになれば誰もが楽しめるMinecraftマルチプレイサーバができるのではないでしょうか。

 

追記

多くの方の意見を静かに見させて頂き、「あーたしかにそうだな」と思っていました。そのうえで追加の私なりの意見書かさせていただこうと思います。

「運営する側も楽しんで趣味で好きにやってるから、負担になっていないだから別にここまでは…」

ごもっともだと思います。こんな事書いていますけど私も、完全に無償のサーバ運営者ですし、趣味とMinecraft好きだけを原動力でやっていますしね。ただ、いずれ飽きたり面倒くさくなるのも可能性とあるので、趣味やMinecraft好きということ以外での原動力としてお金が一番なのではと思った限りです。ぶっちゃけ、他にも原動力となりうるものはあるとは思いますが、一番お金が運営者、プレイヤーともに恩恵を与える、受け取る関係作れそうな気がしました。

「マルチプレイヤーの界隈良くわからん!お金は自分で賄ってる…?」

私は。Minecraftサーバの運営者は基本マゾなのでは()という疑惑を抱いています。それだけまともに運営し始めると、時間も余裕もなくなると思います。後、お金は自分で基本自分で賄っています。自宅にサーバ抱えている人は自室一個潰してサーバ機導入しています。VPSとかは毎月お金が消えます。

「日本はユーザの年齢層が低すぎてお金使わなそう」

確かにそうかもしれないです。ただ、少数の課金者が必要な状況なので、ないよりはマシかなーという感じです。

海外なんかだと、小学生でも1万ぐらいの課金でサーバ内ランク取得してますし、一部の人は課金してくれる可能性が微レ存