LuckPerms4.2.1のアップデート内容 日本語訳

LuckPerms4.2.1のアップデート内容 日本語訳

正確な翻訳ではありません。

翻訳内容に関して一切責任を負いません。

https://www.spigotmc.org/resources/luckperms-an-advanced-permissions-plugin.28140/updates

ヘイ-更新の時間です!このリリースには、過去数カ月に渡って追加された新機能、改善点及び修正が含まれます。

いつものように、あなたがプロジェクトの開発、維持、サポートに携わりたいのであれば、Spigotでコメントを書くか、Githubから協力!

 

技術的には新機能・バグ修正ではありませんが、このプロジェクトの新しいウェブサイトができました!

このサイトには多数の便利なリンクが有り、4つのプラットフォーム全てに関する最新の開発リリースも含まれています。

https://luckperms.github.io/

デフォルトのコンフィグを再構成

今すぐわかりやすくする必要がある。

SQLを使用してメッセージングサービスを実装

この機能は、別のメッセージングサービスが設定されていないサーバではデフォルトで有効となっています。追加で必要な設定はありません。他のRedisベースのタイプと同じくらい信用できると思いますが、セットアップに追加で必要なサービスはありません。

yaml・json・hoconストレージファイルを一つに結合するオプションを実装

通常のストレージタイプが使用されていること、効率性が高いという利点があります。これは非常に求められている機能でした。多くのユーザを持つサーバには適していませんので、データベースを使用する方法を検討して下さい。

ファイルロガーをjsonベースのシステムに書き換え

古いロガーシステムは読みにくく、プラグインで再読込することができませんでした。

古いシステムはJSONフォーマットに置き換えられました。つまり、ファイルベースのストレージタイプは”/lp log”コマンドを使用できるようになりました。

TOMLファイル形式のサポートを追加

これはリクエストされていませんでしたが、追加するのは簡単ではなかったので楽しんで下さい!

プレイヤーUUIDデータの保存・保存方法を改善。IPフォワードの問題を警告するメッセージを追加

新しいシステムはずっと一貫していなくてはいけません。

また、このような保存操作の性質に関する情報が多く公開されています。間違っているとプラグインが警告メッセージを出します。

“permission clear”コマンドを追加

かなり自己説明的ですが、これは全てのパーミッションをクリアしますが、ほかのタイプのノードはクリアしません。

ウェブエディタのデータが適用された際に完全差分をログに追加

以前は、エディタのコードのみが含まれていました。セッションは数時間後に終了するのでこれはかなり役に立たなかった。

変更が適用されると完全差分がログに記録されるようになりました。

“meta info”コマンドで継承順にメタを出力

継承されたメタ設定の問題のデバッグが少し簡単になるはずです。

特定のコンテキストで表示名を設定できるようにする

同じ”ベース”グループはグローバルに使用できますが、特定のサーバ上ではユニークな名前であることを意味します。

Auto-opの変更をすぐに有効にする

以前は、リログ後に適用されていました。したがって、ほぼすぐに適用されるのが改善点です。

“/lp search”の様々な比較方法を実装

構文は一括更新の構文とかなりニています。

例えば”/lp search ~~ essentials.%”はessentialsで始まる全てのエントリを返します。

ユーザをエクスポートから除外するフラグを追加

コマンドの最後に”–without-users”を含めると、ユーザは出力から除外されます。

バルクアップデート機能をプリペアドステートメントを使用するように変換

以前の方法は、SQLインジェクションに対して脆弱でした(これらのコマンドはコンソールからのみ実行可能であったため、大したことではありません)

APIの変更

  • コンテキスト設定はLookupSettingエントリとして保存されるようになりました。
  • PromotionResultとDemotionResultのインタフェースの追加、ユーザ昇格・降格のためのTrackメソッドの追加
  • 一般的なアクションのための凡用的なmutateResultインターフェースを追加する
  • NodeTypeを追加 – タイプデータは”meta”ノードタイプを簡単に操作する方法です
  • 全てのメソッドをStorageインターフェイスからより適切なマネージャクラスnい移動する
  • プレイヤーのUUIDデータを保存する呼び出しの結果をカプセル化するPlayerSaveResultを追加
  • ContextSetがIterable<Map.Entry<String, String>>を継承するようになりました
  • EventBusに追加のextra subscribメソッドを追加して、プラグインがリロードされた時にリスナーを自動的に登録解除する

その他の変更点

APIバージョンは4.2にバンプされ、以下の変更が加えられました。

  • ワールドリライトマップの大文字小文字区別をしないようにした
  • ショートトラックの出力を明確にする
  • シャットダウンハングを修正
  • 継続した実行がキャンセルされるのを避けるために、繰り返されるタスクでスローされた例外をキャッチする。
  • verbose pastをverbose uploadに変更
  • パーミッションチェックプロセスで文字列を使用しない
  • GroupManagerの移行時にユーザ名をコピーする
  • AbstractContextManagerに改善を適用する
  • 一時ファイルの変更をFileWatcherから除外する
  • Context setsで大文字と小文字を処理する際の整合性を向上させる
  • シンボリックリンクされたストレージディレクトリに関する問題を修正
  • ストレージブッファを削除
  • WildcardProcessorを最適化
  • コンテキストプライマリグループキャッシングの一貫性を向上させる
    • 多くのプロセスが継承を解決している際にスレッドの競合を緩和するため、NodeMapのロックを削除し、LocalizedNodeの作成をリファクタリングする