任天堂の「ネットワークサービスにおける 任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」のまとめ

任天堂の「ネットワークサービスにおける 任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」のまとめ

下記の内容は執筆者が読み取った内容であり公式の内容ではありません。

ご自分の目で公式ページをご覧になるようにお願いいたします。

また、当ブログの内容が間違っていた場合、責任は一切負いかねます。

2018年11月29日に任天堂より「Nintendo Creators Programのサービス終了と新ガイドライン公開のお知らせ」及び「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」の2つが公開されました。

Nintendo Creators Programとは

「Nintendo Creators Program」は任天堂のゲームタイトルをYouTubeに投稿し収益を獲得することを許可するためのプログラムです。

任天堂のゲームタイトルをYouTubeに投稿し、そこから獲得した一部の収益をゲーム実況者は任天堂へ支払いを行います。

要するに、ゲーム実況者に対して「収益受け取ってok!」と許可を与える代わりに任天堂は「だけど、収益の一部支払ってね!」と収益を受け取る関係性を作り上げるプログラムでした。

このプログラムによって、これまで黒に近かったゲーム実況が白くなり、ゲーム実況がしっかりとゲーム会社に許可されようになりました。もちろん任天堂から公開されているゲームタイトルに限定はされますが。

ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン

新しく公開されたガイドラインでは一部の条件下で、ゲームタイトルを利用した動画、静止画の投稿及び収益化許可されています。

 任天堂は、個人であるお客様が、任天堂が著作権を有するゲームからキャプチャーした映像およびスクリーンショット(以下「任天堂のゲーム著作物」といいます)を利用した動画や静止画等を、適切な動画や静止画の共有サイトに投稿(実況を含む)することおよび別途指定するシステムにより収益化することに対して、著作権侵害を主張いたしません。ただし、その投稿に際しては、このガイドラインに従っていただく必要があります。あらかじめご了承ください。

大きな日本のゲーム会社がここまで明確に「著作権侵害を主張いたしません」ということなんて前例がなく本当に凄いことだと思います。

日本の多くのゲーム会社は、ゲーム実況やゲームタイトルを用いた作品の公開をグレーにとどめているどころか場合によっては、駄目と言いきってしまっています。

もちろんこれが悪いとは言いませんが、世界ではゲーム実況が容認され幅の広いコンテンツが投稿されつつあります。任天堂のこのガイドラインの公開は英断とも言えるんじゃないでしょうか。

個人であるお客様は、任天堂のゲーム著作物を利用した動画や静止画等を、営利を目的としない場合に限り、投稿することができます。ただし、別途指定するシステムによるときは、投稿を収益化することができます。

個人のクリエイターはゲームタイトルを用いた作品を営利目的でない限り自由な投稿が許される様になりました。

例えば、非営利の場合はTwitterやYouTube、ニコニコ動画等にゲームのクリップ(ゲームのプレイシーンをくり抜いた動画)や面白いシーンをまとめた動画などをアップロードすることが許可されることとなりました。

その他、ストリーミング配信も対象のようなので、配信の場合も収益化が可能なようです。

「ただし、別途指定するシステムによるときは、投稿を収益化することができます。」にある、「別途指定するシステム」は後に記載する文章を御覧ください。

お客様は、正式な発売日またはサービス開始日を迎えた任天堂のゲーム著作物を、投稿に利用することができます。正式な発売日またはサービス開始日を迎えていないものに関しては、任天堂が公式に公開した任天堂のゲーム著作物のみを投稿に利用することができます。

こちらはゲーム会社としての天敵であるリーク情報対策なのではないのだろうかと考えています。

リーク情報は文章のみで伝えられる場合もありますが、動画や静止画のリークが行われる場合があります。ゲーム会社にとってそれらは大きな痛手となるため牽制しているのかと思われます。

しかし、リーク情報等を考えなければゲーム実況者やゲームタイトルの情報をまとめるサイトなどには大きな利点があります。

任天堂が公開したゲームトレーラーのような「任天堂が公式に公開した任天堂のゲーム著作物」をほぼ自由に利用できるようになります。

公式には問い合わせてないのでなんとも言えないのですが、執筆時の文章では利用できると文章からは読み取れます。

投稿に任天堂以外の第三者が有する知的財産権が利用されている場合、このガイドラインとは別に、その知的財産権の権利者から許諾を得る必要があります。

これは至極当然の事を書かれているだけなので無視します。

おおよそ、「任天堂が公開したガイドライン見ると第三者の著作物も容認しているように思える!だからお前らが悪い!」と言われないように書いてるようにも思えます。

任天堂は、Nintendo Switchのキャプチャーボタン等の機能を利用する場合を除いて、お客様ご自身の創作性やコメントが含まれた動画や静止画が投稿されることを期待しております。お客様の創作性やコメントが含まれない投稿や任天堂のゲーム著作物のコピーに過ぎない投稿はご遠慮ください。

こちらはオリジナル性の無い作品投稿を遠慮してくださいということになります。

具体的には、ゲームソフトから抜き出したゲームデータ静止画の公開公式ゲームトレーラの再公開のことかと思われます。

普通にこれらは著作権法に引っかかりますし、悪質行為なのでやめましょう。

お客様が事実に反して、任天堂や任天堂の関係者から、協賛や提携を受けているようなことを示唆したり、誤信させたりしないでください。

「自分は任天堂株式会社と協力しており正式に許可を受けている!」と言い張るような事を防止するための一文です。

まあ、嘘は言わないで「ガイドラインに則って投稿を行っている」といいましょう。

任天堂は、違法または不適切な投稿や公序良俗に反する投稿、このガイドラインに従わない投稿に対して、法的措置を講じる権利を保持しています。

こちらも当たり前のように投稿に対して法的措置を行えるようにするためのものだと思います。

任天堂は許可はしていますが、権利も保有しています。しっかりと理解しましょう。

 

収益化することができる「別途指定するシステム」

ガイドラインの「別途指定するシステムによるときは、投稿を収益化することができます。」という一文にある「別途指定するシステム」についてです。

現時点において、このガイドラインにおいて投稿を収益化することができる「別途指定するシステム」とは、以下のものをいいます。

  • Facebookの「Facebook Game Streamer」および「Facebook Level Up Program」
  • ニコニコ動画/生放送の「クリエイター奨励プログラム」および「ニコニコチャンネル」
  • OPENREC.tvの「OPENREC Creators Program」
  • Twitchの「Twitchアフィリエイトプログラム」および「Twitchパートナープログラム」
  • Twitterの「Amplify Publisher Program」
  • YouTubeの「YouTubeパートナープログラム」

※随時更新されます。

大まかにFacebook、ニコニコ動画・ニコニコ生放送、OPENREC、Twitch、Twitter、YouTubeで許可されています。

上記のプラットフォーム上での収益化は許可されることとなります。

今後もプラットフォームは追加されることとなるかと思いますので、随時ページを参照してください。


詳細についてはご自分でページをご覧になっていただくのが良いかと思われます。

公式のページにはQ&Aが用意されており、詳細に書かれているので当ブログだけではなく公式ページの解釈に則るようにしてください。

公式ページのURLは下記のとおりです。

https://www.nintendo.co.jp/networkservice_guideline/ja/index.html